ふわトロめいき 柔らかさ

ふわトロめいきのクリーミーな柔らかさは唯一無二の存在

ふわトロめいきのクリーミーな柔らかさは唯一無二の存在

ふわトロめいき
▲間違いなくオナホールの写真ですよ(笑)

 

上の写真は、ふわトロめいきのなるべく端っこを持って水平にしようとした状態です。ご覧になってわかるとおり…

 

でろーんと垂れ下がってしまいます。

 

オナホ自体に張りがないので、真っすぐ水平を維持できないんですね。重力に勝てるほど自身の筋力がないとでも言いましょうか。

 

 

さらに、次の写真。

 

ふわトロめいき挿入口
▲私の手が写っていますが…

 

ふわトロめいきの挿入口を撮影した写真ですが、奥に私の左手が見えます。これ、何でかっていうと…

 

手で支えないとコロンと転がっちゃうからです^^;

 

柔らかくてふにゃふにゃしているためバランスを取りにくいんですね。やはり姿勢を維持できません。

 

 

 

これらの写真でわかる通り、ふわトロめいきの柔らかさは驚異的です。

 

ぷりぷりとした弾力はないし、指で押してもはね返りがありません。言うならば、”とろとろでクリーミー”という感じ。

 

いや、もちろん普通に使っていて溶けたりはしませんよ(笑)でも、形を保っていられる限界ギリギリの油分を配合したんでしょうね。ほんと、「とろけちゃうんじゃないの?」っていうくらいですから。

 

 

そこで思ったのが、おもちゃのスライム

 

あくまでイメージであり実際はこんなにドロドロではないんですが、ふわトロめいきがいかに柔らかいかをお伝えするのに、これが思い付いちゃったんですよね^^;

 

手の平にスライムを乗せると、指の間からとろ〜り。ふわトロめいきも油分をもっと多くしたら、こんな風になっちゃうのかもしれませんね。

 

 

とにかく、ふわトロめいきの柔らかさは驚異的です。他のオナホでは味わえない、オンリーワンの存在でしょう。

 

ぷりぷりしたゴムのような弾力ではなく、とろけるような柔らかさに息子が包み込まれる感触をちょっと想像してみてください。

 

とがった人工的な刺激ではなく、あたたかいニュルニュルとした膣にもぐり込む快感を。

 

 

 

 

想像できました?

 

 

 


ふわトロめいきなら、その感触が手に入ります。

 

スライムで想像しちゃったあなた!スライムに息子を突っ込むのはやめときましょう(笑)

 

スライムではなくふわトロめいきに入れてみたい!

 

 

 


トップページ 目次から記事を探す 初挿入時の感想 ふわトロめいきに包まれる